天台スカウト : 参加者感想文から [仏教章/第30期/実施報告/参加者感想/第4班]


4班

28、厚木8団 Hさん anchor.png

最初来た時は雨が降っていて、霧もたちこめてて大丈夫かな?と思ったけど、集まって講義を聞いたり、色々行動するにつれてそんな事を考える余裕もなくて、ただただ時間のことで頭がいっぱいでした。
お経は普段読まないのではじめは緊張してなかなか思うようにみんなの声に合わせられずト一ンが高かったけれど、なれてくるにつれ、ト一ンも合ってきて、さらに大きい声で言えるようになりました。
正直、ご飯を食べる時はみんなで楽しく食べたかったけど、研修で静かに食べるのも経験だ!と思って我慢して食べました。
写経や座禅では自分の心を集中させ、さらに集中力を高めることができたと思います。この集中力は部活や勉強に活かしていきたいと思っています。お風呂は10分で入ったのは初めてで間に合うか大変だったけど、なんとか乗り切れてよかったと思います。乗り切れたのも女子のみんなのおかげだと思っています。
ただ、自由時問が少なかったのが残念です。班員ともあんまり仲良くできなかったのが残念です。
ここに来る前は、延暦寺については、信長に焼かれたってことしか知らなかったけど、話を聞いたりハンドブックを読んだりして歴史を学ぶことができたので私にとってはすごくプラスになりました。残すところあと1日で研修も終わってしまいます。回峯行を乗り越えて無事に終わるといいなと思っています。そして、この学んだことを日々の生活でも活かしていきないなと思っています。

Page Top

29、伊勢原1団 Iさん anchor.png

仏教章第2教程講習会で学んだことは、私の想像をはるかに超えたものでした。まず隔先生方の講義を受けているとき、メモをして、とにかく聞きもらさないようにしました。
座禅の際、足が何度もしびれてしまい時々集中できない時があったが、「自分に負けない」と思い、必死にこらえました。そのおかげで、夜の座禅の時は両足とも組めました。
お風呂の時間が10分というのは初めての経験で、とても大変でした。正座は最初はとてもキツかったけど、我慢をして、何回も行うとだんだんと慣れてきて、二日目にはかなり慣れてきたので、三日目もしっかりとできたらいいなと思いました。
仏教章は今の私たちは必要、又はしなければならないことをしなくなっていっているので、参加することによって、理解することができました。家庭でもできることは実践してみようと思いました、

Page Top

30、加古川1団 M君 anchor.png

まず一番はじめに食事の作法の難しさに驚きました。食器の置くコツを聞いたのですが、なかなかできません。3回目の食事ぐらいで、やっと少しできたかなというぐらいでした。
一回一回の食事に神経を使っているので、すごく大変でした。これを、毎日している住職は本当にすごい人たちなんだなと思いました。

Page Top

31、加古川4団 H君 anchor.png

今回の宗教章では、ご飯の時の正座がきつくて、次のご飯を食べるのが嫌でした。でも、やらないといけないので頑張ってできました。正座は何回やっても慣れず、写経は一行ごとに休憩しないと足がもたず、集中できない程正座はきつかったです。風呂も短くこんな事も簡単にできないなら、修行はすごくきつく自分には厳しいとすぐ分かりました。
きつい事もたくさんあり、しんどいけど、掃除の時のぞうきんレ一スなど、遊びっぽいのはとても楽しめるし、掃除に集中できたから良いと思った。
朝歩いてお参りする時に、座禅は数字をかぞえるのは忘れてしまったりして、なかなかできず、続かなかったけど短い時間は時を忘れることができたと思います。
それと座禅の時に使う棒で叩かれたけど、思っていたより気持ち良かったというのは初めて知りました。顔や手がかゆくて、気持ちが飛んだりする事が多かったです。卵形の手も気づくとつぶれていました。

Page Top

32、神戸54団 N君 anchor.png

1日目は講義で印象に残っているのは「忘己利他」です。己よりもまずは他人を幸せにするということが、今は全然できていないと今回の講義で思いました。あと、人間の煩悩と四苦八苦をかけると108になって、二つがおなじということが分かりました。
座禅の時に心を整えるために呼吸の数を数えるのがなかなかできなくて、集中がとぎれたりしました。仏壇の最低限ないといけないものが三具足が家にそろっていたかなと思いました。そろっていなかったらちゃんとそろえてからお参りしたいです。
2日目は座禅が印象に残っています。呼吸と形を整えたら気持ちが落ち着いて座禅することができました。写経の時に丁寧に書いたつもりだったけれど、完成したあとにみてみると濃さがばらばらで自分がこんなに集中することが下手だということに気がつきました。般若心経が空についての事だと初めて知りました。前たから「不」や「無」などの言葉が多いなと思っていました。内容は実感があまりなくてよく分からなかったけれど、でも共感できる所もあったのでおもしろいなと思いました。

Page Top

34、東久留米2団 F君 anchor.png

僕が比叡山に来たのは2回目でした。最初はボーイ隊のときにここに来てホテルで泊まりました。その時は僕はめんどくさいなあと思ったり、早く帰りたいなあと思っていました。でも、今の自分がその立場だったら、なんて飯がうまいんだなあと思ったり、楽しい食事だなあと思っていました。
今は本当に帰りたいです。朝ご飯はおかゆでたくあんだし、正座だし、しゃべっちゃいけないし、おかゆだし。こんなにつらい食事は今までしたことがありませんでした。すごく苦痛です。
でも、よく考えれば、昔の人はこのことを当たり前にやっていたそうで、すごいと思いますし、真似してみたいです。明日の夜中に回峰行があります。正直、完歩できるかがすごく心配です。でも、歩ききったらもう終わりなので頑張って早く終わらせて、帰って味の濃い何かを食べたいです。
坐禅はすごくきつかったです。足がジ一ンってなってビリビリしました。でもすごく集中力がついたような気がします。我慢もできるようになった気がします。
歩き終わって思うことはすごくつらかったです。でも、千日回峰はあれ以上の道を何日も続けることがすごいと思いました。僕はやりたくないです

Page Top

35、大津12団 U君 anchor.png

僕はまず、食事の作法に驚きました。僕は一般の人よりは静かに食べる方だと思っていました。しかし、僕の食べ方はまるで作法通りではなく、お坊さんに言われた通りとても厳しい修行であると自分自身の体験によって感じることができました。僕にとっての食事とは、楽しいものであり、ゆっくり食べなければならないと思っていたので、いろいろな食事の仕方があるのだと思いました。
そして、もう一つ思ったことですが、お坊さんが食べ終わるのがとてつもなく速く、さらに音を一切たてていないので、すごく感心しました。
僕は写経が一番楽しく、家で実際にしたいと思いました。もともと習字が好きで、書いていると他のことを忘れることができ、集中することができます。そのため、あまり物事に集中することができない僕が集中できるので好きになったのです。
この第2教程でつらさにたえぬくことの大切さを学んできたので、その経験を日常生活に活かしていきたいと思います。



トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 734, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2014-04-22 (火) 16:52:21
最終更新: 2014-04-27 (日) 20:05:21 (JST) (1329d) by admin
メニュー
連絡先
天台宗スカウト連合協議会
〒520-0113
滋賀県大津市坂本4-6-2
天台宗務庁社会部 内
TEL:077-579-0022
FAX:077-579-2516
当協議会へのメール

FB加盟各団のユニークな活動や 話題等、天台スカウトFBにて書き込み 下さい。
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失