天台スカウト : 参加者感想文から [仏教章/第30期/実施報告/参加者感想/第3班]


19、厚木8団 T君 anchor.png

1日目はめんどくさいなあと思ってやっていたが、先生達の話を闘き、毎日のありがたみを知ることができました。
日々のことがあたりまえではないということも知ることができました。家ではごはん粒を残していたため、今回の食事によりすごくわがままだったなと思いました。家に帰ったらわがままを言わず、ご飯を残さず食べたいと思います。自分は猫背なので、これから背筋をのばして直していきたいです。
2日目は朝からすごく寝起きがよくて、早く寝るといいんだなと思います。朝から座禅をして、心がすごく落ち着くものだなと思い、暇があればやってみたいと思います。2日目のお風呂の時問が長くてすごくリラックスできました。あと、個人的にはお昼ご飯が1番おいしかったです。2日目が終わり本当に食のありがたみが分かることができました。
3日目、早く起きしてまっくらな道を歩き出して、危険なとこは意外と集中できて、上の方に行って、夜景がものすごくきれいでした。もう、足が疲れて早くつかないかなとひたすら頑張りました。
なんか最後になってなんか最初はめんどくさいなと思ってたけど、少しさみしいなと思いました。この体験を無駄にしないように活かしたいと思います。

Page Top

20、伊勢原1団 E君 anchor.png

自分はこの3日間、ものすごい体験をした。食事中に何もしゃべらずに正座で食べたり、入浴の時間も10分間で何もしゃべらずに入ったりと、普段の生活では体験できないような事を沢山体験できました。
でも、ここで体験した作法が普通なら自分たちの普段の生活がどれだけ普通ではないのかがわかりました。
この山で修行している人の話では食事の時間が1番大変だと言っていたんですが、自分もそう思いました。普段、家の中で長時間正座をしないので、とても足が痛くなりました。
それにみんなが食べ終わらないと楽にしてはいけないので、とても足が痛くなりました。最初の時はすごい足がしびれて立てなくなりそうでした。
回峯行では、自分の予想以上に、つらくて大変でした。先頭を歩いていたお坊さんが急に走り出したりと、持久力がはんぱ無く、天台宗の本山にいるお坊さんはすごいなあと思いました。
自分はこの3目問、普段の生活では学べない沢山のことを学びました。自分はこの経験を普段の生活に活かしていき、大人になっても活かし続けたいと思います。3日間有り難うございました。

Page Top

21、東村山6団 I君 anchor.png

団の伝統みたいなもので、比叡山延暦寺に来たのですが、普段とは全く別な生活で戸惑いました。日常生活の中で正座等は殆どしないのでとてもつらかったです。携帯、TV、音楽、何もなく、食事も正座という体験ははじめてでした。
朝、朝食(小食)丶昼食(正食)、夕食(非食)と、こんなにお経をとなえたのも初めてでした。
1日目、もうすでにクタクタで、すぐに寝てしまいました。もう体中がバッキバキ。
最初に皆が口をそろえて、食事がっらいと言っていたとおっしゃっていましたが、体験してみたらとてもつらかったです。予想外でした。間食がない、というのもつらかったです。
回峯行はいつも夜歩いていたので楽だと思ったのですが、なめていました。つらかったけれど、生活に活かせるようなものばかりなので丶日々の生活に活かしていきたいです。

Page Top

22、加古川4団 K君 anchor.png

今回宗教章を受けて、一番きつかったのは正座です。とくにご飯を食べる時がきつくて、毎回ご飯を食べるのがいやでした。でも、こういった経験もここでしかできないと思い、一回一回を大切にして3日間のご飯の時間をすごしました。
一番印象に残ったのは、忘己利他という言葉です。この言葉は、伝教大師の言葉で「己を忘れて、他の人のために、利をつくす亅という意味です。そこで僕は、今度、社会人になるにつれて、忘己利他の言葉のような人間になっていきたいと思います。
風呂は短くて、あまりつかれがとれなかったです。こんな修行を毎日続けてやっているのは、とてもすごいことなのだと思いました。
3日目の登山は、30キロだから余裕だなと思っていたけれど、山道はとてもきつくてやばかったです。3日間とてもいい修行になりました。

Page Top

23、神戸53団 M君 anchor.png

日頃宗教について勉強する機会はないので、第2教程ではどういうことを体験したり、勉強するのかなと楽しみでした。来る時は予定の時間のバスに乗り遅れてしまい、集合時問よりも30分以上遅れてしまいました。
食事があんなに大変だとは思いませんでした。特に音をたててはいけないのが結構きつかったです。漬け物を食べる時と食器を置く時は一番気をつけても、音が鳴ってしまいました。食器を洗うのは回数が増していくごとにきれいにすることが段々と上手くなってきました。音を立ててしまう回数も減っていきました。次の日の朝にやった座禅止観は、第1教程でもやったので大丈夫かなと思っていましたが、やっぱり足がしびれてキツかったです。
しかも途中で足がつりそうになって、こらえるのが大変でした。呼吸をした回数だけを数えようとしても全然無理でした。
回峯行は2時に起きるのはしんどかったです。
今回、宗教章第2教程の講習を受けて、天台宗の歴史や教え、食事の仕方など日頃体験、勉強できないことをすることができて、とても白分のためになると思いました。
この体験したことや勉強したことを日頃の生活に役立てたいと思います。

Page Top

24、西宮3団 K君 anchor.png

第1教程を終えた時には、まだ理解し尽くしていない天台宗の教えを深く学び直すだけだと、来る前は思っていましたが、実際は予想以上に深く、そして濃いものでした。朝、晩のお勤めや、講義、さらにご飯の度に正座になるのは、体が硬い自分にとってはとてもつらく、正直投げ出したくなるようなことも度々ありましたが、やり遂げた今となっては、とてもよい思い出です。
写経も初めての経験でしたが、心をこめて、集中して書けたので、一瞬で時問が過ぎてしまいました。
回峯行も思っていたよりは楽でしたが、千日もやる人は本当にすごいと思いました。これからの普段のスカウト活動でも、「一隅を照らす」という気持ちを持っていどみたいです。
25、東久留米2団 程塚望
現代人である自分が、現代人の生活に慣れたが故に今まで試みるチャンスすら無かった、今日の僧が自らを鍛えるために行う生活、前までは何一つ特別でなかった生活を体験してみて、便利で高機能な生活を送る為に失った代償を改めて感じた。
山をおりて椅子に座りながら朝食をとった28日の朝、研修時に取った食の重さを再確認させられた。「食事は楽しむ場亅と少なくとも私は思っていたが、姿勢を一切崩さず、音を一切立てずなど、それに集中しなければ決して成し遂げられないであろうル一ルを守って食事を行うのが居士林での食事であったので、楽しむ場とはとてもかけ離れていた。

Page Top

26、大津12団 H君 anchor.png

僕は原隊でも般若心経をとなえたり天台宗の行事に参加したりと天台宗に多く関わってきました。だから、今回の講習会もあまり苦しくないと思って甘く見ていました。しかし、居士林での生活は予想以上に厳しいものでした。特に僕が厳しいと感じたのは、背筋を伸ばし続けることでした。僕は元た猫背なのですぐに背筋が曲がってしまいました。それを曲がらないように意識したり、普段伸ばさない背筋を伸ばし続けることはとても大変でした。
また僕はこの居士林で食事の大切さを学びました。食事の時の作法や回峯行での空腹などから食事の大切さを学びました。僕はこの居士林で学んだことを日々のボ一イ活動や学校生活にも活かせるように頑張って行きたいです。

Page Top

27、名古屋109団 T君 anchor.png

1日目はまず、比叡山に来るのが大変で名古屋から京都駅に来るのは新幹線だったので良かったのですが、バス乗り場を間違えそうになった。今回は3班の次長になった。自分はストレスに弱いので心配だった。「天台宗について・天台宗の教義」では、第1教程で聞いた話とほとんど同じだった。「家庭勤行と仏檀の荘厳」は自分が実際にはやった事のない事や聞いた事のない話を聞けてとても新鮮だった。
初めての食事では正座はとてもきつかった。座禅は思っていたよりも楽しかった。風呂が短いのはアトピ一にとってはきつい。
2日目は写経をしたが書道をやっていても小筆の扱いが上手くなれない自分はとても嫌だったが、集中はできた。「伝教大師の伝記」は歴史好きな白分にとっては知っている名前がでたりしてとても分かりやすかった。仏歌は意外と難しかった。
3日目は先輩からもよく聞いていた回峯行があり、ゆっくり歩いたのでおもっていたよりもきつくなかったゆ。自分にこのような生活をすることはできないと思う。



トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 727, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2014-04-22 (火) 09:56:56
最終更新: 2014-04-22 (火) 16:51:05 (JST) (1334d) by admin
メニュー
連絡先
天台宗スカウト連合協議会
〒520-0113
滋賀県大津市坂本4-6-2
天台宗務庁社会部 内
TEL:077-579-0022
FAX:077-579-2516
当協議会へのメール

FB加盟各団のユニークな活動や 話題等、天台スカウトFBにて書き込み 下さい。
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失