昨年(35期)の講習会の第3日目②

平成31年3月の仏教章第2教程講習会中に投稿したフェースブックの記事を再構成したものです。
第2教程講習会の雰囲気を感じ取って貰えれば幸いです。
2泊3日の日程の中から、閉講式と講習会総括の記事です。

快適な宿泊施設での開催

今回の第2教程講習会では、延暦寺会館と言う快適な施設(反面、修行的な緊張感に欠ける)での開催と言うこともあって、寒さや極端な緊張等によって体調を崩すようなスカウトは無く、全員が無事に閉講式を迎えることが出来ました。

閉講式

閉講式では、最後の勤行の導師は上級班長が担当して、開講式の時とは比べ物にならないほど、自信に満ちた声で、お勤めをしていました。
式中では、理事長始め来賓の方々から講習をやりとげたスカウト全員に対して、暖かな労いの言葉をかけていただき、その後、スカウトの代表として上級班長に第2教程講習会の修了証と、講習会修了を記念した天台スカウト独自の修了者バッチを授与しました。

修了記念品等授与

また、それに加えて、講習会期間中に理事長が、ウッドバッチの故事にならって、一つの数珠をほどいて大玉と複数の小玉を合わせて手作りした記念のネックレスもいただきました。

第2教程講習会で経験したことを活かして

参加スカウトの諸君には、楽しいばかりの2泊3日の講習会では無かったとは思いますが、普段のスカウト活動では得ることが出来ない体験を積んだことかと思います。
この講習会で学んだことは、富士スカウトに向けての仏教章の取得というだけでなく、今後のスカウト活動や日常の生活を幅広く豊かにしてくれるヒントを含んでいるかも知れません。

開設側としては、第2教程講習会で得たものは、第3教程で活かしてもらうのは勿論の事、時に家庭内や自団での活動で、お経をや座禅にチャレンジするとか、比叡山での食事作法を紹介するとかして、ここで得た経験を一過性のものとするのではなく、さらに磨きをかけて自分自身のものにしてくれればと、願います。

第1教程・第2教程は講習会に参加すれば修了しますが、第3教程は自己の実践ですから一番大変だと思いますが、多くのスカウトが挑戦されることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です