仏教章

ボーイスカウトの創始者であるベーデン・パウエル卿(B-P)は、ボーイスカウトの運動を通じて、良識や豊かな人間性を身につけた「良き社会人」を育成することを目指ました。
またベーデン・パウエル卿は、その著書『スカウティング フォア ボーイズ』の中で「宗教と言うものは、少年に教えることが出来るものであり、教えなければならない・・・」と青少年の人格形成の上で、宗教・信仰の持つ重要性を説かれています。
宗教章(仏教章)は、心の柱として重要な意味を持つ信仰を奨励する道しるべとなるものとして制定されています。
ここでは、仏教章の事を中心に宗教章について説明をしています。

宗教章の意義

スカウト活動おける信仰の大切さや、宗教章(仏教章)取得の意義について説明しています。

仏教章取得の道筋について

実際に宗教章(仏教章)取得の為のプロセスについて説明しています。
   

第36期仏教章第2教程講習会の概要

令和2(2020)年3月25日(水)~27日(金)にかけて、比叡山延暦寺にて開催される「第36期天台宗仏教章第2教程講習会」の概要についてお知らせします。